本事業の取り組みについて

本事業は、都市部における地域がん医療のコーディネータとなる医療者を養成する取組です。東京都では、がん患者の生活環境や要望は大きく異なる上に急速に高齢化が進行し、急性期から在宅医療までの地域がん医療連携の効率化が急務となっています。

 しかしながら、地域医療のコーディネート能力のある医師や看護師は極めて不足しているため、大学の総力を結集し、患者・家族の視点に立ちながら、質・量ともに多様化する都市型がん地域医療を担うことのできる次世代のがん医療人リーダーを養成していきます。

本事業の目的

本事業の目的は、4大学の総力を結集し、共通コースとして都市型がん地域医療を担うがん医療人の養成を行なうとともに、各大学が有する世界的水準のリソースを共有し、最新のICT技術を活用して連携することにより、次世代の優れたがん医療のリーダーの育成を目指します。

 東京都におけるがん地域連携体制の改善に資するため、地域がん医療コーディネータの養成をはかり、国民に急性期から在宅医療までの切れ目のないがん医療を提供します。また最先端医理工学や新薬開発につながる臨床試験の研究者の養成は、新たな医工学連携や産学共同研究に進み、わが国の革新的医薬品・医療機器創出へとつなげます。

 補助金終了後も4大学での連携体制を継続維持するとともに、教員、研究者ならびに院生の相互交流、大学院における単位互換も継承して、プログラムを継続的な事業として確立することを目的としています。