化学療法・緩和ケア科

教授 林 和彦

 

 

   東京都では、がん患者の生活環境や要望は大きく異なる上に急速に高齢化が進行し、急性期から在宅医療までの地域がん医療連携の効率化が急務となっていますが、地域医療のコーディネート能力のある医師や看護師は極めて不足しています。

 東京女子医科大学には次世代医療テクノロジーに関する最先端の研究能力、帝京大学にはわが国の緩和医療やチーム医療を黎明期から牽引してきた実績、杏林大学には質の高い臨床研究を積極的に推進する能力があり、さらに駒澤大学にはがんの遠隔診断や画像転送システムの開発能力があります。加えて東京女子医科大学、杏林大学および帝京大学は都市におけるがん診療連携拠点病院として質の高いがん医療を提供しています。

 本事業では4大学の総力を結集し、最新のインターネット技術を駆使して魅力的かつ実践的な教育プログラムを連携して行い、患者・家族の視点に立ちながら、質・量ともに多様化する都市型がん地域医療を担うことのできる次世代のがん医療人リーダーを養成します。

 

 

 

放射線腫瘍学講座

教授・講座主任 唐澤 久美子

 

 

 この「都市型医療連携を担う人材の実践的教育」プランは、東京の4大学が連携を組んで、都市における地域医療連携を踏まえた最適ながん治療を学修するプランです。広い学識を持ち地域連携のコーディネート能力の高いがん治療専門医、がん治療専門看護師、医学物理士などを養成し、がんに関する理工系研究者を医理工連携で養成します。

 東京女子医科大学では、化学療法医、緩和医療医、放射線腫瘍医のみならずすべてのがんにかかわる診療科の院生を対象とした「都市型がん医療連携を担うがん治療専門医養成コース」、がんに関する先端医療機器や創薬・再生医療の研究者を育てる「医理工連携がん研究者養成コース」、QOLを重視した地域医療連携を推進できる「がん看護専門看護師養成コース」を開講しています。また、院生のみならず受講を受入れる様々なインテンシブコースを開講し、東京におけるがんプロフェッショナルを養成の一翼を担っています。

 多くの院生、がん医療関係者のご参加を期待しています。