腫瘍内科学

教授 古瀬 純司

 

 

 東京という大都市を背景にもつ医学部を中心とした大学(東京女子医科大学・帝京大学・駒澤大学)と連携し、都市型がん医療連携を担う人材の実践的教育に取り組む事となりました。「高度ながん医療、がん研究等を実践できる優れたがん専門医療人を育成し、わが国のがん医療の向上を推進することを目的としています。

 

 杏林大学では、医学研究科として「都市型地域医療専門医養成コース」「臨床試験研究者養成コース」、保健学研究科として「がん看護専門看護師養成コース」を設置し、平成25年度からは大学院生を募集しています。またインテンシブコースとして、広く、医師、薬剤師、看護師、検査技師、放射線技師などを対象とした「臨床試験コーディネーター養成コース」、臨床経験5年以上の看護師を対象に「がん患者コーディネーター養成コース」を設置し、短期間に専門領域を学んでいただくカリキュラムを組んでおります。是非、この機会にわが国のがん診療の向上のため、多くの皆様が「がんプロフェッショナル」を目指して本プランに参加いただきたく存じます。