医療健康科学健康科

教授 吉川 宏起

 

 

 日進月歩の勢いで開発される放射線科領域の高度先進医療機器は、現在の医療現場に於いては欠かすことのできない画像診断や高精度放射線治療を最大限に引き出すツールとなっていますが。反面、煩雑な日常診療の他に臨床医は適切な画像検査法や画像読影法、放射線治療計画など多くの事を習得しなければなりません。


 駒澤大学では、これらの業務支援を補える画像読影支援者や安全な放射線治療を施すことの出来る専門職の育成、また、遠隔画像診断や画像転送システムの開発に携われる21世紀型医療ソリューションを担う人材育成を目指します。なお、放射線治療が患者のために適切に実施されるよう、医学物理学の専門家として放射線科治療医を支援することのできる医学物理士や放射線治療品質管理士の育成を行います。