東京女子医科大学では医学物理の教育コース(実習講習会)を開催します。
皆様のお申し込み、心よりお待ちしております。

 

【追加情報】New!!(10月8日)

本講習会は医学物理士認定機構に認定された講習会となりました。
(カテゴリⅡ コードG1およびG2 認定番号JBMP-2015-G-15)

 

【コースの目的】

ラジオクロミックフィルムは、高感度でエネルギー応答に優れ、明室下で管理できるため容易に切断でき汎用スキャナで
手軽に2次元の線量分布が得られる使いやすい線量測定ツールです。任意の角度で使用できることから、
定位照射や強度変調放射線治療の線量評価にも応用するなど、その利用範囲は増加しています。
しかし取り扱いに慣れていないと、正確な線量評価が難しい側面もあり、基本的な取り扱いと使用手技をマスターしておくことは重要です。

今回、講師をお願いした林直樹先生はラジオクロミックフィルム取り扱いの第一人者で、
ラジオクロミックフィルムに関する多くの業績をお持ちです。講習にあたっては、
各受講者からのフィードバックを取りつつ確実に理解できるよう解説します。

 

【開講日時】 2016年2月20日(土曜日) 9時50分〜16時45分

 

【講習内容】

 9: 50〜10:00  開会の挨拶

10:00〜12:00  フィルムの取り扱い説明,特性曲線作成用フィルム,IMRT検証プランへの照射

12:00〜13:00  (各自昼食)

13:00〜13:40  IMRT検証における線量分布解析について(講義)

13:50〜14:30  DD-system操作説明,今回使用するIMRT検証プランの説明,特性曲線の取得

14:30〜16:00  班ごとに解析

16:00〜16:30  ディスカッション

16:30〜16:45   閉会の挨拶,受講証授与

 

【講師】 藤田保健衛生大学 医療科学部 放射線学科 講師 林直樹先生

 

【受講登録とお問い合わせ】

定員12名(1班3名、4班) 先着順、定員になり次第〆切ります。

下記から履修申込書を取得し、ご記入いただいた後に、メールまたは郵送にて

東京女子医科大学がんプロ事務局にお送りください。

E-mail :top-g4.bm@twmu.ac.jp

受講料は無料です。

なお、講習修了者に対しては修了証を発行いたします。

本講習会は医学物理士認定機構に認定された講習会です。
(カテゴリⅡ コードG1およびG2 認定番号JBMP-2015-G-15)

 

※その他詳細につきましては、「コース案内」をご覧ください。<「コース案内」はこちらからダウンロード>