東京女子医科大学で医学物理士を目指す方への教育コース(実習講習会)を開催します。

皆様のお申し込み、心よりお待ちしております。

 

【追加情報】New!!(5月27日)

本教育コースは医学物理士認定機構に認定された講習会となりました。

(カテゴリⅡ コードG1およびG2 認定番号JBMP-2016-G-03)

 

 【コースの目的】

第三者による線量校正は米国のIROC Houston Quality Assurance Centerが世界的に最も歴史が長く権威があります。

日本においてはこのIROCのシステムを踏襲して平成19年度より医用原子力技術研究振興財団が第三者評価サービスを

開始していますが、X線だけの取り扱いで電子線の校正評価を受けられないなどまだ不十分な点が多くあります。

今回、講師をお願いした古谷智久先生はIROCによる第三者評価を国内の施設において受けた経験を持つ数少ない

医学物理士であります。IROCへの申込みのやり方から実際の照射や返送、結果の評価など、受講後には誰でも気軽に

IROCに第三者評価が受けられるようになる講習会をしていただきます。

授業にあたっては、各受講者からのフィードバックを取りつつ確実に理解できるよう解説します。

【開講日時】

2016年6月25日 土曜日 9時50分~17時00分

【申込期限】

2016年6月18日 (土)  まで

 【受講登録とお問合せ】

受講登録は登録フォームに記入の上、東京女子医科大学がんプロ事務局までメール添付にてお送りください。

E-mail :top-g4.bm@twmu.ac.jp

なお、講習修了者に対しては修了証を発行いたします。

*医学物理士認定機構への単位認定申請中です。

 

※その他詳細につきましては、「コース案内」をご覧ください。<「コース案内」はこちらからダウンロード>